早起きで人生を変えよう!時間を有効に使うための早起きのコツ

目覚まし時計
Sponsored Link

こんにちは。

皆さん、朝は強いですか?僕はめちゃくちゃ弱いです。
幼稚園も遅刻して行っていました。

「朝早く起きた方が生産効率が」とか、「時間を有効活用できる」なんて聞いて良いものだと
わかっててもなかなか実行するのって難しいですよね。

実際、朝が弱い僕も早起きをするようになり本当に良いものだと感じています。
一日のエンジンのかかる時間が早くなるので、明らかに仕事のパフォーマンスは上がっています。

早起きに役立つ情報についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。



まずは敵を知るべし。なんで朝起きられないのか。


「明日は絶対5時に起きる!!」とか意気込んで起きられなかったり、早く起きたけど結局二度寝しちゃったなんて方は
多いのではないでしょうか。

まずは、そもそもなんで起きることができないのか考えられる原因を把握しておきましょう。
もちろん人それぞれですが、一般的には以下のように言われています。

疲れがとれていない


日々ハードワークで疲れがかなり溜まっている方は、一回の睡眠で体を充分に回復することができていない可能性があります。

寝る時間がバラバラ


飲み会が続いたり、つい夜更かししたりなんて寝る時間がバラバラだと、体内リズムが乱れて朝の疲れにつながります。

ホルモンの乱れ


精神を安定させるというセロトニンというホルモンが不足していることが考えられます。

睡眠の質が良くない


寝具が合っていなかったり、寝る時の照明が明るすぎるなどの原因が考えられます。

寝すぎ


一回の睡眠時間が長かったり、二度寝をすると体内リズムが乱れてしまい体がだるく感じます。

病気


うつ病など精神疾患系の病気の疑いもあります。



自分に当てはまりそうなものはありますか?

早起きにはこんなメリットが


「早起きが良いって言うけど、実際どんなメリットあるのよ!?」という話ですが、
結果、一日で使える時間が増えるということが最大のメリットかなと個人的には考えています。

仕事をしていると一日の中で使える時間も限られてきますし、家族がいる方ならなおさらですが
朝の時間を自分のために充てて勉強や好きなことをすることができます。

また、出勤するのはいつもギリギリで朝ごはんも食べないで毎日ダッシュしてるなんて人はそれがなくなるだけで
疲れポイントひとつなくなりますよね。

時間と心の余裕を確保できるので、日々の生活にゆとりが持てるようになったと僕自身は実感しています。

成功者はみんな早起き


よく成功者は早起きだと言う話を聞きますが、実際世界で活躍している人はこんな感じです。

・スティーブ・ジョブス(アップル 元CEO)⇒6:00
・マーガレット・サッチャー(英国首相)⇒5:00
・ハワード・ショルツ(スターバックス CEO)⇒4:30
・ティム・クック(アップル 現CEO)⇒4:30

睡眠時間はバラバラですし、そもそも早めに寝ているという人もいますが
皆さんだいぶ早い時間に起きてますね。

試してみよう早起きのコツ


それでは最後にオススメの早起きの方法をご紹介したいと思います。
ネットにもいろいろ載っていますが、今回は自分が試して効果があったものをご紹介したいと思います!

眠くなったら寝る


毎日決まった時間に寝たり、睡眠時間をきっちり確保するのが難しいという方も多いと思います。
決められた時間の中でしっかり寝て体を休めるには、1回の睡眠の質を上げていくことが重要です。

僕がやっているのはものすごい単純なことなんですが、眠くなったら寝るということです。
なんだそれ、って思うかもしれませんが、結構重要です。

眠気がきたタイミング逃して目が冴えちゃってなかなか寝付けないというので悩んでいたので
極力眠気がきたらすぐ布団に入るようにしました。

寝付きがよくなるので、パッと起きた時に目覚ましより早く起きることが増えました。

早起きの目的を決める


早起きの大事さはここまで伝えてきましたが、結果、早起きに対して心からメリットを感じていないと
すんなり実行に移すには難しい
かなと思います。

あくまで大事なのは、早起きが目的ではなく早起きをすることで何をしたいかを明確にすること。

多くは、時間がとれないからとか、バイタリティがある人はもっと時間を確保したいなんて方もいるかもしれませんが
「英語を身に付けたい!」や「ウェブデザインの勉強したい!」など、目標を達成するための手段として
早起きを活用
してもらえれば自然に行動に移せるかもしれません。

何か決まりごとを作る


いわゆる、ルーティーンってやつですね。
起きて、これやったら早起きしないといけないっていう。

シンプルで無理矢理感はありますが、単純に行動しては一番効果が高いと思っています。

僕の場合は、「よっしゃ!!」って言いながら起き上がって歯を磨いて、そのままシャワーを浴びてます。
とりあえず気合で体起こして、頭がスーッとする行動をしているだけではあるのですが。(笑)

他の人だと、もう枕元に歯磨き置いてるなんて人も聞いたことあります。

まとめ


時間が活用できるようになると、1日を長く使えるようになるのでこれまでできなかったことにチャレンジしたり、
逆に、自分の好きなことに費やせる時間が増えるかもしれません。


まずは1週間だけでもお試ししていかがでしょうか?

目覚まし時計

こちらの記事もオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です